活性炭の原料

活性炭の原材料としては、木・竹・ヤシ殻・クルミ殻などの植物性の原料が広く用いられています。サトウキビの絞り粕(バガス)、もみ殻、石(石炭)や建築廃材なども材料として用いられています。

原理的には炭化できる物質はすべて活性炭の原料になりますが、条件として、①炭化しやすいこと、②原料中の炭素含有率が高いこと、③炭化物の硬度が高いこと、④ロットによるバラつきが少ないこと、⑤水分が少ないこと、⑥有害物質が含まれていないこと、⑦大量に安定供給が可能であること、⑧安価であること、などが挙げられます。

活性炭の製造方法

活性炭の製造方法は「ガス賦活法」と「薬品賦活法」に分けられる。

ガス賦活法

薬品賦活法